恋愛心理 真顔でじっと見る

男性を真顔でじっと見るときの女性の恋愛心理

スポンサーリンク

今日、思春期以降の恋に飢えた女性は様々な方法で男性にアプローチをします。
アプローチの方法としては、好きであることや付き合いたい事などをストレートに言葉で相手に伝える場合が多いのですが、中には言葉に出さず、様々な行動、仕草で男性を誘惑するような場合もあります。
女性が男性を誘惑するときに取るしぐさとしては、ボディタッチを頻繁にする、男性の前で髪をほどくなど色々ありますが、一番多いのは相手を真顔でじっと見るという行動です。
真顔で見つめられた男性は、その女性の恋愛心理を察知し、好きであるならば自分から告白することになりますし、好きでない女性であっても、その場の雰囲気から意に反して告白してしまうようなケースもあります。
スポンサーリンク

では、なぜ相手を真顔でじっと見ることで相手に好きだということが伝わるのでしょうか。
やはり「目は口ほどにものを言う」という言葉にもあるように、視線にはそれだけ自分の気持ちが表す力が有るということです。
女性の方もメイクをする際は目の部分を特に意識していますし、中には二重まぶたの美容整形を施して目力をアップさせようと試みる人もいます。
自分の顔に自身がない女性の中には、某タレントがやっている様に目の部分のメイクを丁寧に施し、鼻から下はマスクで隠して眼力だけで勝負しようという人も少なくありません。
異性を真顔でじっと見る時の女性には、自分から告白して傷つくリスクを回避し、相手から自分に好きと言わせたいという恋愛心理が働いているといえます。
スポンサーリンク