恋愛心理学 男心 視線

恋愛心理学上、視線から読み取ることが出来る男心

スポンサーリンク

「目は口ほどにものを言う」とも言われているように、目を見れば相手の心の中が解ると考えられています。
これは、目や視線の動きが心の動きと連動しているからだと言われています。
「恋愛心理学」においても、視線で相手の気持ちが読めると言われています。
女性の場合は、好きな男性と話をする時にその男性の目をよく見て話をすると言われています。
また、男性の場合は、好きな女性の話を聞く時にその女性の目をよく見ていると言います。
このように、恋愛心理学の観点から見てみると、視線から判断できることには、男女で違いがあるケースもあるのです。
しかし、ここに相手の仕草や態度なども加わることによって、より相手の気持ちを汲み取ることが出来るのです。
スポンサーリンク

「恋愛心理学」の分野では、見つめ合う時間・目の逸らし方・仕草や態度が重要なポイントとして挙げられており、相手の気持ちの判断基準になると言われています。
男女間では見つめ合う頻度が多く時間も長い状態であれば、双方が好意を持っている可能性が高いです。
男性の場合は基本的に、興味が無いことには無関心で上の空、その反面好きな人に対して興味が深く、関心もあるゆえ前のめりになると言った男心があるのです。
シャイな性格であれば、全く目を見てくれないと言ったケースもありますが、恋愛心理学上ではシャイな男性は好きな人ほど避けてしまう、気持ちとは真逆の行動をしてしまうと言った男心が隠されている場合もあると考えられています。
これらのことから、視線や目の動きだけではなく、仕草や態度などもじっくりと観察した上で、相手の気持ちを判断することが大切です。
スポンサーリンク