男性心理 名前を呼ぶ

名前を呼ぶ時の男性心理は本命へのアプローチ

スポンサーリンク

誰かを呼ぶ時に、名字で呼ぶのと名前で呼ぶのでは、親近感が違いますよね。
外国では、ニックネームや名前で呼ぶのは普通の事ですが、日本ではなかなか名前で呼ぶ事なんてほとんどの人が恥ずかしくてできないと思います。
名前で呼ぶにはそれほどの親しさがないと実行できないものです。
人間は名前で呼ばれると自我関与が高まります。
自我関与とは、物事に対して自分が関わっている、自分が当事者であるという気持ちをいいます。
人は名前で呼ばれると、【より自分の事だ!】と特別な感情を抱きます。
これが、つながりを濃くしたような親密な感じを生み出すのです。
例えば、働いている職場の先輩や上司から名前で呼ばれたらどんな気分ですか?
親しい間柄ならまだしもそれ以外でしたら【なれなれしいんだよ!】と思いませんか?
しかし、今まで、好意のある男性から名字で呼ばれていたのに、いきなり名前で呼ばれたらドキってしませんか?

スポンサーリンク

なんだか、相手が自分の事を個人として認めてくれたような感じになりますよね。
男性心理を紐解くと、名前で呼ぶのってかなりの勇気が必要なんです。
その勇気を振り絞ったという事は、あなたの事を本命だと思っているという事です。
男性って嫌いな女性に対しては名前で呼ぶことは絶対にありません。
これは、一気に付き合える可能性があります。
そこで、アナタも少しだけ勇気を出してみませんか?
それは、相手の男性にさりげなく触れてみる事です。スキンシップも気持ちを表している事があります。相手に触れるという事は、ただ言葉を交わしているだけでなく相手に、自分もアナタに好意を持っているというアピールにつながります。
こうなった2人は、その後、言葉を交わさなくても自然と付き合えるようになるのです。

スポンサーリンク