恋愛心理学 脈なし

恋愛心理学に考えて脈なしのケースとは

スポンサーリンク

恋愛心理学の見地から脈なしのケースはいくつか挙げられます。
まず挙げられるのは、2人きりでいるのに他の異性の話題をすることです。
特に他の異性に関する恋愛感情の話をする場合はほとんどの場合脈なしと考えてよいでしょう。
一般的に好きな人を目の前にして他の異性の話題はしません。
目の前の相手が恋愛対象外なので気軽に他の異性の話題が出来るという側面があります。
またラインを既読スルーする場合も脈なしと考えて良いでしょう。
恋愛心理学的の見地から考えると、好きな相手にはすぐに返事を返したい心理が働きます。
そのため既読スルーをする場合は恋愛対象外のケースが圧倒的に多いです。
また相手が女性の場合、すっぴんで男性の前に姿を見せられる場合も恋愛対象外であると考えて良いでしょう。
スポンサーリンク

恋愛心理学の見地から、相手の話に興味がない様子を見せている場合は脈なしと考えて良いでしょう。
大抵の場合、好きな異性の会話はどんな内容でも興味があります。
身を乗り出しても聞きたいくらいな様子を見せます。
それなのに相手の会話を退屈そうに聞いている場合は、多くの場合脈がないといえます。
さらに約束の時間をすっぽかしたり、そもそも約束自体を忘れてしまっている場合も相手に対する好意は薄いです。
相手の事を恋愛対象として見ている場合、約束は簡単には忘れません。
また約束の時間に遅れることも極力避ける心理が働きます。
そして約束の時間に遅れたのにその後のフォローが全く無い場合は、脈なしは決定的だと考えて良いといえます。
スポンサーリンク