恋愛心理学 怒る

恋愛心理学講座 怒るという心理について

スポンサーリンク

恋愛シーンでは、様々な理由で相手に怒りを感じることが出てきます。
特に他の異性への関心や浮気は、怒るという感情を誘発する大きな要因です。
このような怒る感情を相手が見せた場合には、一つの愛情表現の可能性があります。
ですが場合によっては、自分のプライドが傷つけられたことへの憤りや悲しさなどが怒りを引き起こしていることがあるため、背景を見極めることが大切です。
このような異性関係での怒りは、恋愛心理学では嫉妬と解釈されます。
結婚している夫婦の場合、恋愛感情が希薄になっているにも拘わらず、浮気のシーンでは大きな怒りを爆発させるといったことも多いです。
このような状況では、多くの場合複雑な感情が背景に関わっています。
スポンサーリンク

また、恋愛心理学では欲求と怒りも関係が深いと考えられています。
相手から好かれたいという欲求やこうして欲しいという願望が満たされないと、時に現れてくるのが怒りという感情です。
特に男性の場合は、通常女性との付き合いを早く進めたいという欲求が大きいため、交際し始めの女性が中々自分に靡く素振りを見せないと怒りを感じることがあります。
男性の怒りは、時に性的欲求とも深く関わっています。
手に入りそうで入らないものが一層欲求をかき立てることは良く知られていますが、こういった状況では必ずといって良いほど、男性の心に怒りの感情が芽生えるのが常です。
従って女性は、このような場合は特に賢く振る舞うことが必要となります。
スポンサーリンク