恋愛心理学 復縁の決め手

復縁の決め手となる恋愛心理学

スポンサーリンク

失恋した直後は、周りの世界が一瞬で暗黒につつまれてしまうような悲痛な気持ちがするものです。
そのような時、別れた彼と今後良い関係を築いたりできれば復縁したいと考えたら、注意すべきことは、まずは高ぶった気持ちを整理して冷静になり、安易で感情的な行動に走ってしまわないことです。
なぜなら、復縁のための性急なアプローチは、えてして無駄な努力や逆効果になってしまうことが多いからです。
よりを戻そうと焦れば焦るほどに、彼の心はますます自分から離れていってしまいます。
では、今の悪い状況を打破して、別れてしまった彼と将来的に良い関係に持っていくためにはどうしたらよいのでしょうか。
いったい復縁の決め手は何なのでしょうか。
スポンサーリンク

復縁の決め手となる、恋愛心理学というべきテクニックが3つあります。
これらは、彼との失った過去を振り返り状況を改善しつつ、彼との今後の新しい未来をつくるためのものです。
一つは、ミラーリング効果と呼ばれるものであり、本当の理解者が誰であるかということを彼に思い出させることができます。
2つ目は、ダブルバインド効果と呼ばれるものであり、彼から自分へと恋愛の主導権を奪うことができます。
最後は、フットインザドアと呼ばれるものであり、少しづつ彼の関心を自分へと向けさせ、最終的に復縁を目指すものです。
どれも心理学において有名なテクニックですが、これらの技を恋愛心理学へ応用することで復縁の決め手とすることが可能です。
スポンサーリンク