恋愛心理学 男心 復縁

恋愛心理学から読み解く男心の復縁に対する考え方

スポンサーリンク

恋愛心理学の観点から男性が別れた女性対して復縁を迫る時は、相手のことがまだ本気で好きなことが考えられます。
別れた原因にもよりますが、男性は本気で嫌いになった場合は2度と復縁をしたくないと考える傾向がある事を、近年の一部の恋愛心理学者は指摘をしています。
この理由は男心にはプライドがあるため、例えば相手の浮気が原因で別れた場合などのようにプライドを傷つけられた場合は復縁は不可能に近くなる傾向が指摘されています。
これは女性の中に浮気を許して寄りを戻す人がいるのとは異なる傾向です。
したがってこの事を前提に考えると、別れた原因が浮気であったり相手の男性のプライドを傷つける別れ方だった場合は、復縁の可能性は非常に低いと考えられます。
スポンサーリンク

男心として相手の女性に復縁を迫る場合、それは本気でやり直したいという気持ちがある事を恋愛心理学では指摘します。
もちろんDVなど男性の重大な問題が原因で別れた場合は別ですが、一般的に別れた後に男性は別れた原因を考えます。
女性が別れた場合に過去の恋愛をリセットできる傾向があるのと対照的に、男性は過去の恋愛をリセットしない傾向があることを恋愛心理学では指摘します。
そして近年の一部の学説では、男性が過去の恋愛をリセットできずに再び交際を申し込んでくる場合、別れた後の空白期間の長さで再び交際をした際に上手くいく可能性が変わってくると言います。
空白期間が長い方が恋愛心理学的には、男性は過去の自分自身を振る返る時間があるため、過去の別れた原因を改善する可能性が高まるので、再び交際した後に上手くいく可能性が高まると指摘します。
スポンサーリンク